障害年金とは

障害年金は、国民年金法が定める
障害の状態になった場合に支給される年金のことです。

傷病障害年金の基礎知識

障害年金は、国民年金法が定める障害の状態になった場合に支給され、その障害の状態が軽くなったり、治った場合は原則として受給権が消滅してしまうものです。障害年金の「認定」は請求してみないことには、誰も判断ができません。そのため、障害年金が支給されるかどうかかは請求後にしかわからないのです。 障害年金で重要になるのは、その障害になるにいたった初診日がいつになるかです。
その初診日から原則として1年6ヶ月後に障害の状態を判断し、国民年金法が定める障害の状態にあれば「障害」と認定されます。
そして、認定された日が受給権の発生日となるため、認定されて始めて、受給権が発生します。

障害年金受給のための3要件

step1
保険料納付要件
step2
初心日要件
step3
障害認定日要件

障害認定日の特例

「障害認定日」は、原則として初診日から起算して1年6ケ月を経過した日、又は1年6ケ月以内に治った場合には、治った日(その症状が固定し、治療の効果が期待できない状態に至った日を含む)を言います。しかし次に掲げる傷病の種類や状態によって、特例として初診日から1年6ケ月以内であっても、その治療行為をした日が、障害認定日となります。

障害年金の受給にむけて手続きをしてみたい!
と思った方はぜひどうぞ。

最大5年分遡って支給も可能です!まずはご相談ください。

主な請求パターン

障害認定されるのには初診日から1年6か月経過した日の障害認定日に障害認定日における生活状況が原則として障害状態の判定材料になります。しかしながら、かならずしもそれがどのケースにも当てはまるとは限りません。

認定日から1年以上経過していたり、認定日には障害年金を受給する対象と認定されなかったが、事後に症状が悪化する場合もあります。20歳になる前に障害の原因となる初診日がある場合だと、請求するにあたっての取り扱いが全く異なったものになります。適切な診断書を適確な時期に提出することがカギになります。用意すべき診断書や枚数にも判断が必要になります。

障害年金の受給にむけて手続きをしてみたい!
と思った方はぜひどうぞ。

最大5年分遡って支給も可能です!まずはご相談ください。

Copyright (C)2015ヒラメ社会保険労務士事務所.All Right Reserved.